【シンスプリント】

2021年01月29日

こんにちは!

 

【宮城郡利府町、塩釜市、多賀城市の皆様】

 

宮城県宮城郡利府町、利府バランス整骨院です!

 

『ランニング中にスネが痛くて走れない。。。』

 

『バスケの時ジャンプが痛い。。。』

 

『すねが痛くてサッカーの練習が出来ない。。。』

 

こんなお悩みがある学生さん、心当たりがありませんか??

 

普段からこういった状態では、様々な場面で支障をきたしてしまいますよね。。。

でもこういった症状は、整骨院の治療で十分に改善が見込めることはご存知でしたでしょうか??

 

今回はこのような症状を出してしまう【シンスプリント】についてのお話をさせていただきます。

 

【なぜシンスプリントになってしまうの?】

シンスプリントとは「脛骨過労性骨膜炎」のことを指し、脛骨と呼ばれるスネの骨の内側が痛くなります。多くの方の場合骨の下方1/3に痛みが発生します。痛みは脛骨に沿って鈍痛のような痛みがあります。もし、一点だけに痛みが集中する場合は疲労骨折の可能性があります。

 

多くの場合、運動開始時に不快感が表れ、その後は消失しますが運動後に再び出現することがあります。症状が進むにつれて、段々痛みが増し、運動中も痛みが持続するようになります。そして、最終的にはベッドからの起き上がりや、歩行など日常生活の中でも痛みが伴うようになってきます。

 

この障害はランナーに多くみられますが、どんなスポーツでも、シーズンの始めや新入部員の方がハードなトレーニングを集中的に行ったり、アスファルトなどの硬い地面の上での繰り返しランニングする、ふくらはぎやスネの筋肉を使いすぎる、などが原因となります。

 

【どうやって治していくの?】

痛みが出てしまった場合、アイシングや安静などが有効です。

疼痛に対しては、消炎鎮痛剤の処方や、超音波療法、電気療法などの理学療法が多く用いられます。

予防には、後脛骨筋、ヒラメ筋のストレッチが非常に重要です。

 

【利府バランス整骨院での施術】

 

利府バランス整骨院では、3ステップで影響を出してしまっている神経・筋肉・骨格にアプローチしていき、再発しないお身体作りのお手伝いをさせて頂いております。

 

①痛みを和らげる

②歪みを整える

③戻らない身体作り

 

の3ステップで施術していきます。

 

①痛みを和らげる

筋肉や骨格により圧迫・圧迫され興奮してしまい、スネの痛みの原因となってしまっている神経の興奮をいち早く鎮静化し、症状を緩和させていきます。当院では『ハイボルト』という治療機器を使用し、痛みと神経に素早くアプローチしていきます。

 

②歪みを整える

痛みや痺れの症状が緩和してきたら、スネへの負担の原因となる姿勢を矯正していきます。

スネの痛みには、姿勢によって下肢の筋肉や足のアーチなども原因となってしまうため、そこの施術も外せません。

筋肉調整や、トムソンベッドと呼ばれる骨格矯正の専用機器を用いて施術していきます。

非常にソフトで、お身体への負担も小さい施術になっておりますので、安心してお受けできるかと思います。

 

③戻らない身体作り

姿勢や骨格バランスが整い、症状がでにくい状態になってきたら、それを維持する力が重要です。当院では、楽トレ(EMS)トレーニングを用い、腰や骨盤を支えるインナーマッスルを鍛えることを推奨しております。

支える力が増すだけでなく、日常生活や、運動のパフォーマンスアップ、代謝改善、ダイエットなど、様々な効果が見込めます!

 

シンスプリントの痛みはスポーツでがんばるアスリートたちにとって、大きな足かせになってしまいます。悩みなく全力でスポーツに励めるお身体づくりをスタッフ一同全力でサポートさせていただきます!!

 

お身体のお悩みや、スネの痛みにお困りの方は、お気軽に利府バランス整骨院までお問い合わせ下さい!

全力でサポートさせて頂きます!

080-9410-0135