【坐骨神経痛】

2021年01月29日

宮城県宮城郡利府町、利府バランス整骨院です。

 

『歩いていて脚が痺れてき困っている』

 

『寝ている時に足がしびれる』

 

『お尻から脚にかけて痺れが出てしまう』

 

『座っていると痛みやしびれがでてくる』

 

『長い時間たっていることが辛い』

 

こんなお悩みはありませんでしょうか??

 

今回はこれらのお悩みを出してしまう【坐骨神経痛】についてお話させていただきます。

 

【坐骨神経痛ってどんな状態?】

 

坐骨神経痛を引き起こしてしまう要因は様々ですが、一番の要因として”腰椎疾患”があげられます。特に多いのが『腰椎ヘルニア』や『腰部脊柱管狭窄症』などの病名です。

坐骨神経痛は原因疾患が比較的発見されやすく、症状として扱われることも多々あります。

 

【なぜ坐骨神経痛になってしまうの?】

 

上記のように、腰椎椎間板ヘルニアや、脊柱管狭窄症jなど、原因疾患から坐骨神経痛を症状として引き起こしてしまうものや、お尻の筋肉が原因となる梨状筋症候群から症状が出るケースや、場合によっては糖尿病や喫煙、ストレス等が原因で起こるケースもあります。

普段の日常生活動作等や姿勢も非常に重要で、『重いものを持つ』『長時間の座位』『肥満』『激しい運動』なども坐骨神経痛を引き起こしてしまう為、注意が必要です。

 

【どうやって治していくの?】

 

原因になっている疾患や状態によって治療法は異なります。

治療の基本は保存療法になりますが、原因疾患の問題によっては外科的処置をとることもあります。神経ブロック療法、理学療法(リハビリテーション)などが行われていくことが一般的です。

 

【利府バランス整骨院での施術】

 

利府バランス整骨院では、3ステップで坐骨神経痛にアプローチしていき、再発しないお身体作りのお手伝いをさせて頂いております。

 

①痛みを和らげる

②歪みを整える

③戻らない身体作り

 

の3ステップで施術していきます。

 

①痛みを和らげる

坐骨神経痛の痛みの原因となってしまっている神経の興奮を鎮静し、圧迫の原因となる周囲の筋緊張を緩和させていきます。当院では『ハイボルト』という治療機器を使用し、痛みと神経に素早くアプローチしていきます。

 

②歪みを整える

痛みや痺れの症状が緩和してきたら、腰椎や坐骨神経部の負担の原因となる姿勢を矯正していきます。筋肉調整や、トムソンベッドと呼ばれる骨格矯正の専用機器を用いて施術していきます。

 

③戻らない身体作り

姿勢や骨格バランスが整い、症状がでにくい状態になってきたら、それを維持する力が重要です。当院では、楽トレ(EMS)トレーニングを用い、腰や骨盤を支えるインナーマッスルを鍛えることを推奨しております。

 

ヘルニアでは、腰部への負担を避けることが勿論ですが、それに負けない身体を目指していくことが再発予防にもとても重要なポイントになります。

 

ヘルニアによるお身体の痛みや、痺れにお困りの方は、お気軽に利府バランス整骨院までお問い合わせ下さい!

 

080-9410-0135