腰の痛み

腰 イラスト

  • 腰痛のマッサージを受けてもあまり効果を感じない
  • ぎっくり腰の衝撃を思い出すと、活発に動くのが怖い
  • 腰痛だけでなく、お尻や太ももにもしびれや違和感を感じる
  • 立ったり座ったりの動作のたびに感じる腰の痛みがつらい
  • 手術をすすめられたが、できるだけ手術は避けたい

どうして腰が痛くなるの?

施術 腰 写真ひと口に腰痛といっても、その原因や不調の現れ方は様々なものがあります。
その中で、腰痛の原因の大半として考えられているのが、悪い姿勢で長時間座り続けるなどの、体への負荷によるものです。姿勢が悪いとその分血液など体液の流れが滞り、筋肉や神経にも負荷が及びます。

激しい運動で腰に負荷をかけてしまうことが腰痛の原因となることもあります。
腰の痛みをかばうことで、体の他の部分、特に首や肩、膝への負担が生じ、それがさらに腰痛を悪化させるという悪循環が発生してしまうこともあります。

また妊娠・出産でも腰部に大きな負担がかかることからも、腰痛に繋がります。

腰の痛みをそのままにしているとどうなるの?

姿勢がどんどん崩れてしまう

猫背違和感を感じる部分をかばうと、体を丸めた猫背の姿勢になりがちです。

しかし、その姿勢が体に負担をかけてしまい、どんどん悪化してしまうことになりかねません。

悪い姿勢は肩や足などにも負担をかけるので、そこにも悪い影響が現れると体は、かばって楽な状態をとろうとすることでさらに姿勢を崩すことになってしまいます。

下半身にしびれが出てくる

痺れが出る腰痛の中でも、ヘルニアや坐骨神経痛からくるものは、そのまま放置していても良くなることはありません。

むしろ状態が悪い方に進み、太ももやお尻にしびれが出てくることもあります。また、筋肉の硬化によって神経トラブルが発生している可能性があります。

しびれが出ても放置していると、場合によっては手術が必要になることもあります。

ギックリ腰がクセづいてしまう

腰が痛いギックリ腰は、腰の捻挫といわれています。

通常は靭帯や筋肉が急な負担によって断裂し、それが神経を刺激した状態で発生しますが、そのままにしていると筋肉や靭帯が強張っていき、それがギックリ腰を引き起こす要因となります。

筋肉が弱まっていると、何度もギックリ腰を繰り返すことになり、いわゆるクセづく状態となってしまいます。

当整骨院の3ステップ腰痛施術

施術 腰 写真02当整骨院では
痛みの緩和
ゆがみを整える
戻らない体つくり

3つのステップで、施術を行っていきます。

腰痛の原因にはたくさんの理由が考えられますが、いずれにしても何も理由がないのに発生するというものではありません。

腰の痛みはお体の状態からくるものが多く、出産や日常生活の過ごし方、スポーツなどで体の調子が乱れたことがきっかけで、しつこい不調に発展する方も多くおられます。

そのような様々な要因の中から、おひとりおひとり異なる原因を探し出し、体の土台となる骨盤や背骨の部分を中心に正確で適切なアプローチする施術で、再発のない体づくりのお手伝いを行っています。

再発のない体づくりへのアプローチ

痛みの緩和

ハイボルト写真腰痛は体だけでなく、心まで萎縮させてしまいます。特に急性期には痛みと腫れが酷いうちは、無理をしないことが大切です。

施術も痛みが酷いうちは腫れを抑え、緩和させることを目的に進めます。

「ハイボルト」などの電気施術器は、筋肉と神経の緊張をゆるめ、腫れを鎮めていくことで不調の緩和を促します。

ゆがみを整える

骨盤矯正施術写真痛みや腫れが抑えられたら、腰痛の原因へのアプローチとして、ゆがみをとる施術にとりかかります。

慢性的な腰痛になっている場合は骨盤に原因がある場合が多く、再発防止のためにも骨盤矯正などのバランスを整える施術を行います。

骨盤の仙骨という骨は、体幹を支える骨です。
この骨がズレていると全体にゆがみが生じます。
仙骨の位置を整えて、ゆがみを調整していきます。

体が整うと、血流もスムーズになり、早期の回復につながります。

戻らない体づくり

姿勢の維持には骨盤を支える筋肉がとても重要で、インナーマッスルと呼ばれている筋肉がその役目を果たします。

インナーマッスルは深層にあるので、通常の筋トレで鍛えることが難しく、手技ではアプローチが難しい部分になります。

EMS(楽トレ)説明風景そのため当整骨院では、インナーマッスルに直接アプローチできる電気施術器を使用して、しっかりと効果を出せるように心がけています。

お体に負担をかけることなくインナーマッスルが鍛えられるという理想的な機械です。
腰の痛みにお困りなら、ぜひ一度当整骨院にご相談ください!