捻挫・肉離れ・膝の痛み(スポーツ外傷)

スポーツ外傷

  • 肉離れを早く良くしたい
  • 捻挫の後の違和感がなかなか取れない
  • スポーツで体を傷めて休養中だが、早く復帰したい
  • スポーツを続けるために体のメンテナンス法を教えてほしい
  • 怪我をしない体の使い方を知りたい

スポーツが原因の痛み

足施術 写真スポーツ外傷はお子様からご高齢の方まで様々な世代の方がおられます。

お子様は特に部活動でまだ成長段階の体で怪我を負うことがありますし、趣味のスポーツでも怪我を放置したまま動かしていると今後の成長にも良くない影響が残ります。

怪我をそのまま放置して動かしていると同じ箇所を怪我しやすくなる等、パフォーマンスが下がっていくので早めのケアが肝心です。

スポーツ障害と急性外傷

急性外傷

捻挫や肉離れ、骨折、脱臼、打撲、つき指など、筋肉や関節を打撲したりひねったりするなどで瞬間的に大きな力がかかったときに起こる怪我です。

スポーツ傷害

シンスプリント、野球肩、野球肘、オスグッド、ジャンパー膝など、同じ動作を繰り返すことや、同じ部位ばかりを使いすぎることで、その部位に腫れが起きたり疲労がたまったりすることで起こる痛みをいいます。

スポーツ傷害を放置するとどうなるの?

足テーピング 写真すでに痛みなどの不調を感じているのに、我慢したままスポーツを続けることはおすすめしません。
怪我の状態によって動きが鈍ることで怪我に繋がります。

また、望むようなパフォーマンスがとれなくなり、痛む部分をかばうことで他の部分まで傷めてしまうことにもなりかねません。

「足の痛みをかばってスポーツしていたら腰に痛みが出た」などのように不調のループに陥ると、スポーツばかりでなく日常生活ですら満足に送れなくなってしまうかもしれません。
時間の経過で治っていくと思わずに、きちんとカウンセリング・ケアを受けて以前のような、またはそれ以上の運動能力を手に入れましょう!

当整骨院のスポーツ傷害施術の3つの特徴

施術写真

point1 即効力!

当整骨院では、プロのスポーツマンも愛用しているハイボルテージという施術機械を導入しています。
ハイボルテージは、痛みの緩和に特化した施術機械です。
筋肉や関節の損傷の修復にもスピーディーに効果を発揮します。

point2 持続力!

骨盤矯正で体のバランスを整える施術を行います。

損傷が肘や肩など、一見すると骨盤とは関係ないような場所が痛む場合も骨盤にゆがみが生じていることが原因となっていることがあります。

オスグッドやシンスプリントなど、足の不調も骨盤のゆがみが影響しています。

骨盤にゆがみがあるままでスポーツを続けていると、体のバランスがとれず転倒しがちになり、骨折や脱臼、捻挫や肉離れなどを生じるきっかけになってしまうこともあります。

骨盤のゆがみが痛みを悪化させ、それを、かばう姿勢が転倒の原因となり、転倒して怪我をしてしまい、ますます姿勢が悪くなる・・・この悪循環を断ち切るためにも骨盤矯正で体を整えて、正しい姿勢を手にいれましょう。

Point3 運動能力の向上!

骨盤の矯正は様々な面で効果的で、姿勢も良くなります。

しかし、日常生活の中でその姿勢を維持し続けることはなかなか困難ですが、インナーマッスルを鍛えることで、効果を維持することが可能になります。

インナーマッスルを鍛えることは、スポーツにおけるパフォーマンスの向上にも一役買います。
施術によってインナーマッスルを刺激し、スポーツに適した体となるように施術していきます。

当整骨院のスポーツ障害への3つのステップ

スポーツ外傷施術

ステップ1 痛みを取る

痛みが強くて思うように動けないというのは、スポーツ競技者には大変つらいことだと思います。

早く回復させたいという思いが、痛みがあるにもかかわらず強めのマッサージをしたり、無理して動かしたりという行為につながるのも理解できますが、焦りは禁物です。

痛みのある箇所を刺激しても悪化するばかりです。
当整骨院では、ハイボルテージという施術機器使ってまずは痛みの緩和をはかります。
ハイボルテージは痛みに特化した機械で、筋肉の張りを緩め神経の異常を整えます。

ステップ2 ゆがみをとる

痛みが改善したら、体のゆがみをとっていきます。
骨盤矯正によって正しい姿勢となるように丁寧に施術します。
また股関節の位置を矯正し、体のバランスを整えます。

骨盤のゆがみは、体にくせをつくり怪我のきっかけを引き起こします。
そのようなことのないように正しい姿勢づくりを行い、パフォーマンス向上につながるように、体の状況にあわせた施術を行います。

ステップ3 インナーマッスルを鍛える

EMSの施術骨盤矯正で動きやすい体を手に入れたら、次はパフォーマンスを上げていきましょう。
インナーマッスルを鍛えることは骨盤矯正で整えた体の維持に有効です。

さらにインナーマッスルが鍛えられると、柔軟性があがり運動能力の向上につながります。
インナーマッスルを自分で鍛えることはなかなか難しく、地道でつらいトレーニングを続けて行くことが必要ですが、当整骨院では寝ているだけでインナーマッスルを鍛えることができる機械を導入しています。

寝たままで姿勢がよくなるなんて夢のようですが、現実に高い効果を発揮しており、施術の効果維持ばかりでなく、動きも軽くなると評判の機械です。